本文へ移動

事業内容

一般廃棄物処理・収集運搬業

一般廃棄物の取り扱い

  • 可燃物(燃えるごみ)/事業系生ごみ
  • 不燃物(非鉄・金属・混合物)/陶磁器類、小型電気製品・おもちゃ・混合体製品など
  • 大型物(粗大ごみ)/タンスなどの家具類・業務用機材など
  • し尿(平群町内のみ)収集を行っております。
 
一般廃棄物は大きく分けると家庭から出される生活ごみと会社から出される事業ごみの2つがあります。さらに可燃物、不燃物、資源物、粗大ごみの4つに分けられます。

産業廃棄物処理・収集運搬業

産業廃棄物の取り扱い

  • 廃プラスチック類・木くず・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず・がれき類・感染性産業廃棄物
 
産業廃棄物はさまざまな業種の事業所から排出されます。分別種類が多く処理方法も多様です。
※排出される事業者様がどういう廃棄物かを把握いただき、当社に正しく伝えていただくことが必要となります。

マテリアルリサイクル業

リサイクル品の取り扱い

  • 古紙類(資源物)/新聞紙・雑誌・ダンボール・牛乳パックなど    ※現在、集団廃品回収は行っておりません。
  • 空き缶/スチール缶・アルミ缶・一斗缶など
  • プラスチック類/PETボトル・PE・PP・発泡スチロール・トレーなど
 
廃棄物の中には資源物があります。 廃棄物を分別し再生資源を循環すれば、限りある資源の保護につながります。

解体業

安全対策と周囲環境に配慮した作業

  • 解体作業の流れ
    依頼 ⇒ 現地調査(見積もり) ⇒ ご契約 ⇒ 着工 ⇒ お客様立ち会い・確認・引き渡し
 
解体作業廃棄物の中にも資源物があります。 廃棄物を分別し再生資源を循環すれば、限りある資源の保護につながります。

浄化槽点検及び清掃

生活環境をまもる

  • 浄化槽点検の流れ
    お客様から年間契約を結んで、定期的に法で定められた
    項目に基づいて、点検します。
 
  • 浄化槽清掃について
   年1回、浄化槽をきれいにします。槽に入ってきた汚水を
   微生物が分解してくれることで各段階を経て、だんだんと
   水がキレイになっていきます。その過程で処理できなかっ
   たものが、堆積します。これを除去(清掃)することで、
       生活環境が保たれます。
 
 浄化槽の能力を十分に発揮するには、定期点検はかかせません。生活環境を守るため、しっかり行いましょう。

▼お気軽にお問い合わせください

2020年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
休みは土日のみ。
0
1
0
7
2
3
TOPへ戻る